« 地鎮祭 | トップページ | 空室対策 vol.1 »

2008年1月23日 (水)

空室対策と成約と

以前こんな事を書きました。

2007.10.22.空室対策

どこかに、私がこの仕事をしていて一番楽しいのは、新規物件の管理をいただくことです。と書きましたが、

正確には

新規物件の管理をいただき、その物件が決まること

でした。

 

既存で受けている物件も当然決まれば嬉しいです。ただ既存のものは既に過去のデータがあるので不安が少ないし何よりオーナーに対しての実績もあります。

 

対して新規物件の多くは、オーナーとの繋がりも無いことがホトンドです。

決まらなかったら、お前の力不足だ となってしまう訳です。

 

物件が決まる要因は

場所 価格 商品

この3つが大部分を占め、これに営業が加わります。

もちろん、営業方法が悪くて決まらない事もありますが、決まらない多くの原因は上の3つのどれか、またはバランスが悪いかのどれかの可能性が高いのです。

 

この件も何回かシリーズ化して、実例に基づきご紹介していこうと思います。

|

« 地鎮祭 | トップページ | 空室対策 vol.1 »

04 空室対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504622/17806993

この記事へのトラックバック一覧です: 空室対策と成約と:

« 地鎮祭 | トップページ | 空室対策 vol.1 »