« 原状回復工事 そろそろ完成 | トップページ | 定期借家契約の落とし穴 »

2008年9月24日 (水)

リプラス破産で問われる滞納家賃保証システム

ついにリプラスが飛んでしまいました。

 



先月、弁済家賃がが滞納したと、全国賃貸新聞に載ったのを見て
これはもう無理だろうなと思ってはいましたが、それにしてもあっという間
でした。

この業界でのシェアは相当なモンだと思います。

敷金を0にするから、リプラス加入

敷金を1にするから、リプラス加入

こういった形で、

初期費用を安くし入居者を付ける

というのが、ここ数年において空室対策における有効策の1つでありました。

しかし、今回の業界大手の破産で
こういった策の見直し、そして滞納家賃保証システムという制度自体も考えなくては
いけなくなったのではないかと思います。

 

弊社でもリプラスはありませんが、滞納家賃保証システムを使用している例が
あります。

それらの会社との付き合いも含め、
もう一度基本に戻って考えていこうと思います。

|

« 原状回復工事 そろそろ完成 | トップページ | 定期借家契約の落とし穴 »

賃貸市況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504622/42581727

この記事へのトラックバック一覧です: リプラス破産で問われる滞納家賃保証システム:

« 原状回復工事 そろそろ完成 | トップページ | 定期借家契約の落とし穴 »