« 地上デジタル放送 地デジアンテナ無くてもケーブルで受信可 | トップページ | 巡回清掃作業前 作業後 »

2009年1月 8日 (木)

景気概況

毎日新聞より

内閣府は7日、02年2月から続いた戦後最長の景気拡大期が07年10月に頂点(山)に達し、同11月から景気後退局面に入ったと認定する方針を固めた。高度成長期の「いざなぎ景気」(65年11月~70年7月、4年9カ月)を上回った今回の景気拡大局面は5年9カ月(69カ月)で終止符を打ったことになる。

image

29日に開く有識者による景気動向指数研究会の意見も踏まえ、正式決定する。米国では、全米経済研究所(NBER)がすでに米経済の07年12月からのリセッション(景気後退)入りを宣言しており、日米経済はほぼ同時期に景気後退局面に入ったことになる。
 景気の山と谷(底)は、鉱工業生産指数など11の景気指標で構成する景気動向指数を加工した「ヒストリカルDI(時系列指数)」が07年11月に景気判断の分岐点を下回ったことなどを根拠とする。
 戦後最長の景気拡大期は、実質の経済成長率は平均2%にも満たず、10%を超えた「いざなぎ景気」の5分の1、5%程度だった「バブル景気」の半分以下にとどまった。米国や中国など外需依存の景気拡大で自動車など輸出企業は過去最高益を享受する一方、非正規雇用の拡大などで雇用者所得は伸び悩み、「実感無き景気拡大」となったのも特徴だ。
 景気は、原油・原材料高の圧迫を主因に腰折れし、08年9月以降は「100年に1度」の金融危機と世界経済悪化で深刻な不況に突入した。08年10~12月期の実質成長率は大幅なマイナスとなる見込みで、景気の底打ちが見通せない状況だ。
 今回の景気の山の認定は、11月分の指数までのデータによる暫定判断。最終的には今の後退期の谷と同時に確定するが、その後のデータを反映させると、景気の山は事後的に07年11月とされる可能性がある。毎日新聞

|

« 地上デジタル放送 地デジアンテナ無くてもケーブルで受信可 | トップページ | 巡回清掃作業前 作業後 »

プレゼン用素材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504622/43676922

この記事へのトラックバック一覧です: 景気概況:

« 地上デジタル放送 地デジアンテナ無くてもケーブルで受信可 | トップページ | 巡回清掃作業前 作業後 »